読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくたろうのぶろぐ

2年間大学を休学し、長崎県の離島・対馬で地域づくりのお仕事をしてきた。現在はただの大学生となったさくたろうのぶろぐ。おいしいものが好き。

対馬市 外部集落支援員 募集中! ~①外部集落支援員って、何をするの?~

対馬市が島おこし協働隊(地域おこし協力隊)および外部集落支援員の募集を開始しました!

 

こちら、対馬市役所のHPです↓

対馬市島おこし協働隊及び外部集落支援員を募集します:対馬市オフィシャルホームページ

 

自分自身が集落支援員として働いてきた経験を踏まえ、集落支援員の業務の紹介をしてみよう!と思い立ち、ブログを書き始めたらとんでもない文章量になりそうだったため、3部作で構成することにしました。

 

①外部集落支援員って、何をするの?(序章です)

キャリアパスとしての集落支援員(第二章 二つの塔 的な)

対馬で暮らす楽しさ(最終章 王の帰還

※これまで書いてきた記事はスピンオフ作品「ホビットの冒険」的な立ち位置です。 

 

すみません、この記事とロードオブザリングは全く関係ありません。

久しぶりにロードオブザリングを見たいです、アラゴルンかっこいい。

 

ではでは序章、始まりです。

 

①外部集落支援員って、何をするの?

f:id:sakusakusakutarou:20160503155513j:plain

(写真は上対馬で開催されている「ろうちえん」のみなさまと)

 

まずは、外部集落支援員の名前の由来から。

「外部」からやってきた人材が「対馬の集落を支援する」から外部集落支援員です。

「内部」で集落を支援する「内部集落支援員」さんもいらっしゃいます。

内部集落支援員は地元の方が任命されるものです。

「一般的な集落支援員さん」=「対馬市の内部集落支援員さん」って感じですね。

 

↓こちら、集落支援員の概要を紹介している総務省のHPです。

http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/about/img/shuraku_panf.pdf

 

対馬市の外部集落支援員は名前は「集落支援員」でも、やっていることは「地域おこし協力隊」とほとんど同じです。

www.iju-join.jp

 

対馬島外の人材が地域に入り込み、対馬のためになる活動をしている」

対馬市における地域おこし協力隊や外部集落支援員については、そのように認識していただければ問題ないかと思います。

 

ではでは、業務の紹介をしていきます。

 

◎外部集落支援員の業務

対馬市役所HP 外部集落支援員募集要項より引用】

対馬市では、対馬市内の地区や小学校区ごとに、地域特有の課題や資源、ニーズ等に応じた「地域づくり計画」を市民参画のワークショップにより作成することに取り組んでいます。地区や校区ごとの個性や資源、課題を抽出し、生活サービスや実践活動における地域間の連携を高めなが ら、各地区や校区特有の計画づくりを目指しています。 集落支援員の皆様には、外部の視点・経験・ネットワーク等により、市民協働の「地域づくり 計画」の作成と、その計画実行に向けた推進コーディネート役を担っていただきます。(引用終わり)

 

ここでは「地域づくり計画」という、集落ごと・小学校区ごとで、そこに住まう住民と市役所職員とが協働して策定が進められている計画の支援に特に焦点が当てられていますが、集落支援員の活動はそれだけに限りません。

対馬で暮らす方々を直接訪ね、お話を聞かせていただき、その中で浮かび上がってきた「魅力」を伸ばし、「課題」を解決していくことが集落支援員の業務ですので、地域づくり計画という枠組み以外でも、「対馬のため」になるのであれば、自身の自由な発想で地域の方々と共に行動を起こしていくことが可能です。

 

僕自身がどのような活動をしてきたのかは、以下のポスターに詳しく書いてあります。

対馬学フォーラムで作成したポスターです)

f:id:sakusakusakutarou:20160504180539j:plain

僕と同時期に活動していた集落支援員は僕含め5名いまして(現在は4名)、それぞれ「担当分野」が割り振られており、その中でも僕は「産業・担い手」という分野を担当しておりました。

1年目の主な業務は対馬に暮らす方々から話を聞くこと。

産業の中でも特に一次産業(漁師・農家・山師などなど)に従事する方々や、それをサポートする団体(漁協・農協・森林組合など)、一次産品の加工業者の方々にお話を聞きに伺っていました。

ただ単にお話を聞くだけでは分からないこともたくさんありますので、一緒に船に乗って漁へ出たり(僕は船酔いが酷かったのでほとんど寝ていましたが・・・)、畑で作業をしたり、間伐や林業の作業道を作る現場を見に行ったりもしました。一緒にお酒を飲む機会も頻繁にありました。

そのようにして対馬の方々が僕たちに話してくださった「対馬の現状」は、対馬市の総合計画に反映されています。↓

第2次対馬市総合計画を公表します:対馬市オフィシャルホームページ-市の政策

 

 

2年目には、これまでいろいろなことを教えてくださった地元の方々と共に、対馬の魅力を伸ばし、課題を解決していく、ということを中心に取り組んできました。

(僕のやってきたことはポスターに書いてありますので、そちらをご覧ください)

 

ここで、「観光・国際交流」という分野を担当していた同期の集落支援員が、地元の方と共に企画した「日韓交流会」の紹介をします。

 (長崎新聞のURLを掲載しようと思ったのですが、この新聞記事のページがなくなってしまっていたので、文章で紹介します)

 

【以下、長崎新聞 2015年12月18日付 朝刊 県内版より引用】

韓国人観光客と草の根交流

f:id:sakusakusakutarou:20160503170330p:plain

 近年、急増する韓国人観光客と草の根の交流を深めようと、対馬市厳原町の日韓の商店主らが、対馬国際交流実行委員会を立ち上げ、島民や観光客が気軽に参加できる交流会を開いている。今後は、対馬の風習や文化を分かりやすく伝えるガイドブック作製を目指しており、さらに親交を深めようと意気込んでいる。

 対馬では2011年、韓国・釜山港との定期航路に船舶会社が相次いで参入し3社が競合。「近くて、安く行ける日本」として人気が高まり、昨年度は過去最高の約19万人の韓国人が来島した。

 こうした中、急増する韓国人に戸惑う島民もいる。町づくりを支援する同市の外部集落支援員、楠高幸さん(29)はこの春、市内の商店主にヒアリング調査を実施。「マナーや文化の違いから韓国人にマイナスイメージを持つ島民がいる」「日韓市民が交流できる場所が少ない」-などの意見が寄せられたという。

 このため、楠さんは「互いの文化や風習について、楽しみながら学べる場をつくりたい」と今年5月、対馬で店舗を営む日韓の商店主らと同実行委を発足。これまで、対馬で暮らす日韓市民や韓国人ツアーガイドらを招き交流を重ねてきた。

 12日に対馬市厳原町であった交流会には、韓国語を学ぶ島民や、韓国人観光客ら約20人が参加。浴衣を着て、対馬の郷土料理「いりやき」をつつき、地酒を飲みながら会話を楽しんだ。韓国・済州市から訪れた消防士のヤン・チョンヒョンさん(34)は「文化の違いが面白い。対馬にはまた来たい」と赤ら顔で笑った。

 実行委のメンバーで、島おこしに取り組む鍵本妙子さん(55)は「多くの日本人や韓国の人に異文化に触れる面白さを味わってほしい。交流を通じて対馬のさまざまな魅力に触れてもらいたい」と話した。

 

(引用終了)

 

このように、枠にとらわれることなく、自由な発想と地元の人たちとの強力な連携で活動ができるのも、外部集落支援員の強みではないのかなぁ、と思います。

 

 

いかがでしたでしょうか?

若干支離滅裂で、具体性に欠けるかなぁ・・・というところはありますが、そこはご愛嬌で!笑

もっと詳しく知りたい!という方はコメントなりくださればその都度お答えします。

 

ではでは、②キャリアパスとしての集落支援員 に続きます。

次回更新まで、しばらくお待ちを・・・。

対馬 → 静岡 、 社会人(仮) → 学生

1ヶ月ぶりのブログ更新です。

静岡へ帰ってきて・復学してからもう1ヶ月が経ってしまいました。

 

3月から4月、そして5月まで、めまぐるしく自分の置かれていた環境が変わりました。

離島から街へ、九州から東海へ、一軒家からワンルームのアパートへ、社会人(仮)から学生へ。

対馬での暮らしが夢の中だったのか、はたまた今暮らしている静岡が夢の世界なのか。

4月の一ヶ月間は、とりあえず目の前の環境に慣れることに精一杯だったためなかなか心に余裕が持てなかったのですが、5月になり、ようやく落ち着いてきました。

 

f:id:sakusakusakutarou:20160503130354j:plain

静岡大学農学部はこんな感じです。

最近、建てかえられてぴっかぴか!オシャです。

 

f:id:sakusakusakutarou:20160503130551j:plain

対馬ではフィールドワークが主だったのですが、今は実験室にこもっている時間が長いです。

有機化学の世界はおもしろい!

 

 

 

f:id:sakusakusakutarou:20160503131009j:plain

静岡でも、自炊を楽しんでいます。

対馬で身についた旬を味わいつくす力、静岡でももっと磨きます。

4月はしらすの時期。スーパーに行けば獲れたばかり・加工されたばかりの新鮮な釜揚げしらすが手に入ります。

ふわっふわでおいしい!

ごはんの上にたっぷりの釜揚げしらす、刻んだ大葉・ねぎ、生卵を乗せ、ポン酢をたらりと垂らすだけで、と~~~ってもおいしいしらす丼のできあがり。

簡単贅沢朝ごはんです。

 

 

 

f:id:sakusakusakutarou:20160503131426j:plain

ごはんに乗っけてもおいしいのですが、この間はパスタにしてみました。

名づけて、春キャベツとしらすのアンチョビソースパスタ!

しらすの風味・味を、アンチョビが引き立ててくれました。

 

 

静岡に帰ってくるまでは、「同級生はほとんど卒業しちゃっててさびしいなぁ、孤独な学生生活を送ることになるのかなぁ・・・」と不安でいっぱいでしたが、幸いにも大学の後輩たちや就職した同期、大学に残っている同期たち、大学の先生方、対馬で縁のあった方々が声をかけてくださるおかげで、なんだかんだ楽しくやっております。

 

地元に帰ってきて思うこと

対馬での暮らしが終わり、実家のある愛知県蒲郡市へ帰ってきました。

3月27日(日)に対馬からフェリーに愛車と共に乗り込み、福岡からひたすら車を走らせて実家まで帰ってきました。

 

 福岡から愛知県蒲郡市の実家までは、なんと800kmもあります。

博多港に到着したのが13時、その後は高速道路に乗り込みひたすら運転。

23時30分ごろ、新名神高速道路の土山SAで1時間ほど仮眠をとり、28日午前2時ごろ、ようやく自宅に到着しました。

 

f:id:sakusakusakutarou:20160331162907j:plain

 

出迎えてくれた実家のねこさん。メイちゃんです。

録画したガンダムの最終回を、一緒に見ました。

 

f:id:sakusakusakutarou:20160331163014j:plain

僕の家の近所です。

海がすぐ近くにありますので、その点は対馬と似ています。

 

f:id:sakusakusakutarou:20160331163849j:plain

昨日は、蒲郡駅の地下にある焼き鳥屋さんへ、じいちゃんと行ってきました。

10席ほどしかない店内。香ばしい煙、飛び交う三河弁。

三河弁を聞くと、どこかほっとするし、「帰ってきたなぁ」という気分になります。

 

これまで、いわゆる「地域づくり」ということをしてきた中で、

「地域の資源は○○だ」「この地域のいい所は○○だ」という話を聞くことが幾度となくあったわけですが、自分の暮らす・暮らしてきた場所のいいところって、言葉にはできない良さや、なんだか「ほっ」とするところがあるんですよね。

体が、その地域の「風土」を覚えているのでしょうか。

 

「風土」という言葉が最近のマイブームです。

「地域」という言葉だけで話をしていると無機的な雰囲気になってしまいますが、「風土」という言葉が入ることでその地域の自然環境の中で育まれてきた文化や人間性が表現される気がしています。

 

「地域の資源を生かして六次産業化を!」「この地域は○○年後に消滅する!」などなど、「地域」という言葉が主語となって様々な意見が叫ばれている今日この頃。

自分自身も、そういった話が身近な業界にいましたし、今後もかかわっていくことになるでしょう。

 

 

・・・と、なんだかかっこつけたこと言ってますが、結局言いたいのはこれです。

 

 

 

「実家、落ち着く。」

女連の立岩は、かっこいい。

 

引っ越し準備が終わりません。

3月27日にはフェリーに乗って島外に出るのに、まだ終わってません。

相変わらず、引っ越しは苦手です。

 

 

さてさて、先週の土曜日に島おこし協働隊の方々と一緒に北部対馬(上県町・峰町西岸)満喫ツアーをしてきました。

主に、史跡・名勝を見てきましたよ~~~

「住人になると、史跡や名勝を見に行こうというモチベーションが上がらないこの不思議をぶちやぶろうぜ!」的な、超破天荒なツアーです。

 

 

上県町志多留から始まり、田ノ浜、越高、中山、女連をまわり昼食をとり、最後は峰町木坂でしめるという風変わりなツアー。

 

中でも「すっげ~~~~~~~!やっべええええ~~~~~~!」と思ったのは上県町女連の「立岩」。

女連はココ↓

 

 

…そういえば、「女連」って、なんて読むと思いますか?

これで、「うなつら」って読むのです!読めない!

対馬の地名、難読なものや変わったものがとても多いですが、その中でも女連の難読度はマーズランキングで言えば5位ですね、ミッシェルさんレベルです。(ちなみに一位は豆酘)

 

女連地区にはお仕事でも何度か関わったことがあり、何度も足を運んでいるにも関わらず、「立岩」を見るのはこの日が初めてでした。

 

f:id:sakusakusakutarou:20160325132738j:plain

海と陸の際に築かれたコンクリートロードを歩くこと10分ほど。

 

 

f:id:sakusakusakutarou:20160325133112j:plain

でで~~~~ん。

そうです、これが女連の立岩です。

 

いや~これはかっこいいすねぇ、ミレニアムファルコン号が地上に突き刺さったような形です。

ちなみに、これ↓がミレニアムファルコン号のエンジンです。

よ~く見ると、ヤンマー製でした。

f:id:sakusakusakutarou:20160325134510j:plain

 

立岩、かっこいいですねぇ。

裏から見ると、こんな感じ。

f:id:sakusakusakutarou:20160325134942j:plain

うん、なんだかやさしい雰囲気ですね、ウミガメの背中のような。

岩肌の褐色と、植物の緑のこんとらすとが素敵ですね。

 

f:id:sakusakusakutarou:20160325135250j:plain

赤いのがワタシです。

サイズ感、お分かりいただけるでしょうか??

 

立岩、想像以上にでっかくて、荒々しさの中に優しさのある素敵な岩でした。

また遊びにきてみたいなぁ。

 

立岩にたどりつくまでの道のりの中にも、楽しみがあります。

f:id:sakusakusakutarou:20160325135624j:plain

こんなにぎざぎざな岩肌。

これもかっこいいですねぇ。

アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の主人公機・ガンダムバルバトス第6形態で使用されている、あのごっつい武器さながら!かっこいいいいいいい!

 

 

そんなこんなで、楽しい週末でした。

春が来た!!

f:id:sakusakusakutarou:20160317175717j:plain

 

春が、来た!

冬の寒さがようやく勢いを弱め、春の暖かさに包まれる日数が増えてきました。

 

対馬でも、車を走らせていると道路沿いの早咲きの桜がきれいな花を咲かせているのを見かけるようになりました。

殺風景だった冬山の景色に、鮮やかな彩りがぽつり、ぽつり。

 

「春」ってだけで、気持ちが盛り上がります。(単純だなぁ~)

 

上県町佐須奈 では、数年前に植樹された河津桜が見頃を迎えていました。

遊歩道沿いに植樹されているので、春のお散歩コースには最適です。

f:id:sakusakusakutarou:20160317180231j:plain

 

この写真を撮影したのは先週なので、まだまだ花は散っていないんじゃないかなぁ。

 

次はゲンカイツツジの時期!

入り組んだ浅茅湾沿岸に咲くゲンカイツツジは、とても美しいです。

春の対馬の風物詩!・・・なのかな?

 

対馬を離れる日まであと2週間を切りました。

最後まで、駆け抜けます。

いりやきをご馳走になりました。

 

窓をたたきつけるような強風が吹いております。

でも、暖かく、柔らかさのある、不思議な感じの風です。

もう、春はすぐそこです。

 

 

でで~~~ん。

対馬名物・いりやき。

f:id:sakusakusakutarou:20160305233634j:plain

 

今晩は、近所の方(と言っても2つか3つほど山を越えなければなりませんが。)のお宅で、晩御飯をごちそうになってきました。

一年前から「うちのいりやき、食べさせてやらんといかんね~」と言ってくださっていた方。

ようやくお互いの都合が合い、食卓を囲むことができました。

 

 

f:id:sakusakusakutarou:20160305234114j:plain

今日のいりやきは鶏。

他にも、魚のいりやき、貝のいりやき、などなど色んな種類があります。

対馬で育った鶏を、ぜいたくに丸々一羽使っています。

 

鶏ガラは出汁に、内臓・肉の部分は具に。

鶏ガラは、2時間ほどかけて出汁を取るそう。

・・・そんなお話を聞いただけでも、「手間ひまかけて準備してくれたんだなぁ。」と、食べる前から心があたたかくなります。

 

いりやきには、若鶏よりも1年半ほど育った、どちらかというと年を取った鶏のほうがいいそうな。

そちらのほうが、コクのある出汁がとれるそうです。

 

対馬に来た当初は、いりやきに入っている鶏肉が固かったり、骨が付いていることに戸惑っていましたが、今ではすっかり慣れまして。

「噛み応えがあり、うまみが凝縮されている鶏肉が入ってこそのいりやきだ!」なんて言ってしまうほど。エセ対馬人です。

 

いりやきには各家庭のカラーが色濃く出ます。

これまで島内の色んなお宅にお邪魔し、様々ないりやきを食してきましたが、どれもこれも同じ味はありませんでした。

 

本日出会ったいりやきも、初めましての味。

いりやき、大好きです。

 

 

他にも、、、

f:id:sakusakusakutarou:20160305235704j:plain

こちらは白和え。

対馬で取れた旬の野菜が10種類も入っているそう。

お野菜たっぷりで、うれしい!

 

f:id:sakusakusakutarou:20160305235810j:plain

これは、イカの「ぬた」

僕が対馬に来て、好きになった食べ物のひとつ・ぬた。

「アゴ(トビウオ)のぬたが好きなんですよ~!」

と僕が言っていたのを覚えてくださっていて、わざわざ作ってくれました。

アゴの時期はまだだったので、今日はイカのぬた。

酢味噌で和えるお料理って、さっぱり味なのでいくらでも食べることができます。

 

 

f:id:sakusakusakutarou:20160306000100j:plain

クロ魚(メジナ・グレとも言います)の煮付け。

さっきまで生きてたそうで、身がぶりっぶり。

弾力がすごいです。

まるで骨付き肉にかぶりついているような、それぐらい身がぶりっぶり。

旬の魚は、やっぱりうまいですね。

 

 

おいしいごはんに楽しい会話。素敵なひと時でした。

心も体も大満足な夕食でした。

このブログのこと。

このブログについての説明をしておこうと思う。

 

①このブログを始めたきっかけ

 

2014年度より対馬で地域づくりの仕事に携わるようになり、島内にある様々な集落を訪ねてきました。

集落を訪ね地元の方々と交流することは、自分にとって非常に良い学びとなったのですが、これを自分の中だけに留めておくのはもったいないなぁ、と。

 

また、地元の方とお話をしていたとき。

ワタシ 「〇〇集落行ってきました!」

地元の方 「そうね!〇〇集落へは、親戚がおるとか特別に用があるときぐらいしか行かんけんね!よぉ~~知っとるね!」

 

これってもしかして・・・

ず~っと対馬で暮らしてた人よりも、島内の色んな集落へ行ったことがあるんじゃなかろうか・・・?

自分だけの体験として留めておくのはもったいないから、「集落紹介」みたいにしたらおもしろいかもなぁ~~~、ちょっとでも、対馬の雰囲気を感じてもらえたらいいなぁ~~~と思い、このブログを書いています。

 

②写真のこと

 

何か資料を作る際、「〇〇集落の写真、どこにあったかなぁ。そもそも、撮影してあったかなぁ?撮りに行かねば!」ということが頻繁にありました。

こんなとき、著作権フリーの画像がネットに落ちてたら!

という思いのもと、まずは自分の持ってる画像整理もかねて始めてみようと。

 

だから、このブログに載ってる画像は自由に使ってもらって構いません!

(めちゃめちゃ上手な写真ではありませんが・・・。)

 

それでも、もし使用する際にはコメント欄で一言、言ってくださるとありがたいです。

 

 

 

f:id:sakusakusakutarou:20160301133626j:plain

 

こちらの写真は今日のお昼ご飯。

上対馬町比田勝にあるレストラン・「美松」のカツカレー。

どろっとしたルー、揚げたてのカツ、そして銀色のお皿。

おいしかったなぁ~~~。

ちなみに、「美松ランチ」もオヌヌメです。

 

美松の場所はコチラ↓